アイコン

レーザー溶接修理

レーザー溶接修理

ピンポイントでくっつけて宝石にやさしく修理
レーザー溶接機導入!!

創業35年、父子2代の職人による地元密着の宝石店です。
長い経験でジュエリーリフォームや宝石修理などのお客様の悩み (宝石への想い、物語、デザイン、予算など)を一緒に相談しながら解決できればと思います。
ひとくちに宝石リフォームと言いましても、作る方法がいくつかあります。
いちからすべて手作りでリフォームするのか?
既製の枠を生かしてそれに手を加えて予算に合わせてお客様の想いを叶えるのか?
作り方は様々です。お客様の願い、想い出のつまった指輪を修理、リフォームさせていただいております。
お気軽にご相談くださいね!!
職人井原一成 職人井原一成
ジュエリー職人、井原一成です。
趣味は走ることです。
2023年9月17日 歴史街道丹後ウルトラマラソン
10回目のウルトラマラソン出場
100キロ完走!! TIME 12:58:33
職人の走歴
クリックで詳細がみれます。
職人井原一成 職人井原一成

リフォーム・お直しで大成功したお客様の声

お客様の声 お客様の声

No30156 大阪府門真市 M・Sさま
私にとっては、大切で毎日付けているネックレスですが、細い為、よくちぎれるのですが、その度に「じゅえりーいはらさん」に修理に持って行かせて頂くと、皆さん本当に気さくに対応して下さり、お茶もとっても美味しくて。
大切なネックレス、ちぎれないのが1番ですが、いつもちぎれても「じゅえりーいはらさん」が居てくれると思うと本当に安心です♡いつも本当にありがとうございます
クリックで
「お客様の声」ページにジャンプ!

レーザー溶接機 レーザー溶接機

●レーザー溶接機を導入しました。

レーザー溶接機とは、ナンジャラホイと
おっしゃるお客さまがほとんどだと思いますが、狙ったところに
レーザービームを発射し、ピンポイントで溶接することができる溶接機なのです。
精度も0.1㎜単位で、広さ、深さ、時間を制御できる、まさに夢の機械なのです。
ですが、あまりピンとこないかもしれませんね。
ヨメさんにレーザー溶接機というすごい機械を買っちゃったと言ったら、
「へ~それでどんな変わった指輪が作れるの?」と聞かれたので、
あ~なるほどと思いました。
なので、ジュエリーを接合する方法の「ロー付け」と「レーザー」の違いを絵で書いてみました。

ロー付け
  • < ロー付け >
  • ①接合箇所を合わせる。全体を洗う。
  • ②ピンセットで持ってフラックスを塗る。
  • ③ロウをのせる。
ロー付け
  • ④バナーであぶる。
  • ⑤硫酸につけ酸化膜をとる。
  • ⑥くっついた!
レーザー
  • < レーザー >
  • ①接合箇所を合わせる。
  • ②手で持ってレーザーを当てる。
  • ③くっついた!
レーザー
〇指輪に対するストレスが激減する。
〇指輪・宝石がうけるストレスが大幅に少ない。
〇熱や硫酸によるストレスがレーザー溶接にはない。

従来の溶接はロー付けという方法で、「ピンセットで持って」バーナー(火)で指輪に熱をかけ、
接合したい指輪よりも少し融点の低い地金を溶かして接合する隙間に流し込んで接合する方法でした。
この方法では指輪全体に熱が伝わるので、
長年の経験で絶妙な火加減を習得しないと、石が傷んだり指輪が解けたり汚れが焦げ付いたりするものでした。
レーザーだと「手で持って」ピンポイントで接合できるので
熱に弱い宝石の近くでも優しく接合できてしまうのです。
接合したいところにピンポイントに熱を集中させて接合するので、石のすぐ横でも接合できます。
そして、石を留めてある爪が摩耗したときにも、金を盛ったりして修理することができる、すごい道具なのです。
金を盛るという発想もロー付けではあまりなく、レーザーならではの技法といえます。
そう、新しい道具は考え方、発想が変わるので必要なのです。
考え方が変わるとレーザーならではのロー付けでは出来なかったデザインにつながっていきます。
ただ、ロー付けはロー付けの良さがあります。接合面にローを流し込むので面で接合できます。
レーザーでは点をつなげた線で接合しますので強度はロー付けのほうが高い場合が多いです。
が、道具のひとつとして適材適所に用いてお客さまのお役に立てればと考えております。

No31108

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

アーカーのK18YGネックレスの切れ修理

ブランドジュエリーの修理 切れたネックレス修理

No31105

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのシルバーネックレスの切れ修理

ティファニージュエリーの修理・サイズ直し 切れたネックレス修理

No31084

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ピアスの修理

No31081

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No31079

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No31065

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのK18YGブレスレットの切れ修理

ティファニージュエリーの修理・サイズ直し ブレスレット・バングルの修理

No31037

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ダイヤが外れた穴を溶接して埋めました。

ダイヤ石外れ修理

No31017

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K18ベネチアンネックレスを切れ直し修理させていただきました。
ネックレスの修理は主にレーザー溶接機で修理します。バーナーによるロウ付けと違い、レーザー溶接機では毛細管現象を利用したロウ流れによる数コマの固着が起こりません。コマのつなぎ目の0.2ミリの狙ったところにピンポイントで溶接しますので、ネックレス修理には最適の道具です。それにピンポイントで修理することで前後の工程が省略され非常に短時間で修理できますが、機械が高額なのが玉に瑕です。
私どもでは修理したジュエリーを写真で残しています。修理前、修理後どちらも残しています。ネックレスの長さ、プレートから何センチで切れたのかも記録しています。同じところが切れた場合は無料で修理させていただくこともあります。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレス修理

No31013

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのシルバーネックレスの切れ修理

ティファニージュエリーの修理・サイズ直し 切れたネックレス修理

No30984

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れたグッチシルバーネックレスのレーザー溶接修理

グッチジュエリーの修理・サイズ直し シルバージュエリーの修理

No30974

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ルイ・ヴィトンジュエリーの修理・サイズ直し

No30959

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No30906

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No30885

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
純金K24ジュエリーの修理

No30880

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ブレスレット・バングルの修理

No30864

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ルイ・ヴィトンジュエリーの修理・サイズ直し

No30861

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
アクセサリーの修理

No30822

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No30715

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ブレスレット・バングルの修理

No30705

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ディオールのネックレス修理

ブランドジュエリーの修理 切れたネックレス修理 アクセサリーの修理

No30688

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理 アクセサリーの修理

No30663

リフォーム前
リフォーム前
アイコン_矢印
リフォーム後
リフォーム後

18金フープイヤリングを、これから髪を短くしたときにゆらゆら揺れるぶら下がりイヤリングにしたいとのご希望でした。
中空構造のイヤリングは溶接がやりにくいです。何がやりにくいのかと言いますと、地金が薄いので溶けやすい。そして、中空構造のものは破裂してしまうこともあります。おなじみのお客さんでしたので具体的に決めずに請け負いましたが、なんとか形になってよかったです。
レーザー溶接機はとても便利な道具で、もはや金属加工の仕事には欠かせない道具になりました。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

イヤリングのリフォーム デザイン・イメージそのまま簡単リフォーム

No30588

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ちぎれてしまった指輪の修理

No30583

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No30580

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
純金K24ジュエリーの修理 切れたネックレス修理

No30577

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ルイ・ヴィトンジュエリーの修理・サイズ直し 切れたネックレス修理

No30574

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ティファニージュエリーの修理・サイズ直し 切れたネックレス修理

No30561

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ヴィヴィアンウエストウッドジュエリーの修理・サイズ直し

No30560

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No30534

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No30533

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
アクセサリーの修理 スワロフスキージュエリーの修理

No30488

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ルイ・ヴィトンジュエリーの修理・サイズ直し アクセサリーの修理

No30467

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ブレスレット・バングルの修理

No30463

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ティファニージュエリーの修理・サイズ直し

No30441

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理

No30428

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K18ダイヤプチネックレスの切れ直し修理をさせていただきました。かわいいデザインの18金ダイヤ組曲プチネックレス、ダイヤとネックレスの接続部分の小さなマルカンから切れてしまいました。
通常のロー付けでしたら、熱の伝導でロウがダマになってコマが固まってしまう恐れがありましたが、レーザーで接合すれば0.2mmの範囲でコマの接合部をピンポイントで接合しますので、接合跡がまず肉眼で確認できないのではと思います。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレス修理

No30396

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ピンクゴールドジュエリーの修理

No30376

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

10Kネックレス切れ直し修理をさせていただきました。「10K」という刻印がプレートに入ったネックレスです。
国内ではK18とかK10とかの刻印が一般的ですが、10Kという刻印は私たちは注意しています。業界用語で「ウシロケー」といい、純度が怪しいものが多いということです。比重を測るにしても、重量が軽いので計測できませんでした。
何Φ金属か特定できないけれど、とりあえずやってみるか! ということで接合修理してみました。案外うまくいきました。
接合した感じでは、シルバーではないようにも思うし、やっぱり10金だったのかな? 探り探りですがうまくいきました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレス修理

No30370

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No30358

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

NIWAKAのK18WGダイヤプチネックレスのレーザー溶接修理

NIWAKA(俄)ジュエリーの修理・サイズ直し 切れたネックレス修理

No30357

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

アガットのK10YGエメラルドブレスレットのレーザー溶接修理

ブランドジュエリーの修理 ブレスレット・バングルの修理

No30350

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No30336

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

シルバー真珠ペンダントのレーザー溶接修理

シルバージュエリーの修理

No30315

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No30310

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ピアスの修理

No30289

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No30272

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
 

切れたスワロフスキープチネックレスのレーザー溶接修理

切れたネックレス修理 スワロフスキージュエリーの修理

No30209

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No30208

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No30113

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K10WGイヤリングをピアスへリフォームをさせていただきました。かわいいパールのついたイヤリングの上には、キュービックジルコニアがついています。こちらをピアスにリフォームさせていただきました。
イヤリングをピアスにするためにはイヤリング金具を外してピアスポストを設置すればいいのですが、言うは易し、行うは難し。このリフォームには加工がむつかしい2つの要素がありました。
ひとつは石が熱に弱いキュービックである。もうひとつはキュービックの石座が地金が薄いプレス枠だということ。ダイヤであれば、なんとか石をつけたままピアスポストをつけられるかもしれませんが、キュービックでは確実に割れてしまいます。そして地金が薄いと、レーザー溶接でピアスポストを設置するにしても、薄い地金をレーザ光線が貫通してしまう恐れがあります。キュービックを外して溶接しようにも、爪が薄いので折れてしまう恐れがあります。
と、お客さまに説明したところ・・・「イヤリング金具をちょっと残してそこにレーザでくっつればいいんじゃない?」と。いや~その通りです!お客さまのアドバイスにより、うまいことピアスリフォーム完了いたしました。ありがとうございます。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

イヤリングをピアスへリフォーム

No30079

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No30075

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

4℃のK18WGダイヤプチネックレスの修理

4℃ジュエリーの修理・サイズ直し

No30071

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

シルバー4℃プチネックレス修理をさせていただきました。可愛く繊細なデザインで人気の4℃のジュエリー、お月さまに直付されたカンが破損しての修理でございます。
シルバーの本体にキュービックが埋め込まれたプチネックレス。熱の伝わりの速いシルバーに熱に弱いキュービック。ロウ付け修理ならばキュービックが確実に破損する絶望的なお直しでございます。もしかしたらできないかもしれないけど、やってみますか?と許可を頂いてやってみました。
破損した残ったカンと新たにシルバーのカンをピンポイントで接合を試みました。強度的にはロウ付けには届きませんが、レーザーによる接合で実用強度には充分でしょう。なんとか、うまくいきました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

4℃ジュエリーの修理・サイズ直し

No30019

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
  

Pt真珠プチネックレスを別なネックレスに通し替えました。

No30018

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
  

Pt真珠プチネックレスを別なネックレスに通し替えました。

No29995

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ブレスレット・バングルの修理

No29994

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ブレスレット・バングルの修理

No29986

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

純金ブレスレットを修理させていただきました。このデザインは某有名ブランド、◯ンクリーフアーペルのデザインです。中国で買われたそうです。
私はこのブレスレット見てすごいなと思いました。柔らかすぎて加工がむつかしい純金で、このようなデザインを作る。技術的にも、市場規模的にも、チャレンジしているなと思います。多くの日本人は根拠もなく中国製を良くないと言いますが、それはもう昔のこと。日本はもう抜かれちゃってると思います。
このブレスレットの修理は、関東在住のお客さまが「住んでるところの近くでは直してくれるところが無い」と、はるばるお持ちくださりました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

純金K24ジュエリーの修理

No29981

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理

No29946

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
アクセサリーの修理 ルイ・ヴィトンジュエリーの修理・サイズ直し

No29942

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れたルイヴィトンのプチネックレスのレーザー溶接修理

ルイ・ヴィトンジュエリーの修理・サイズ直し アクセサリーの修理

No29870

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K18コインブレスレットのレーザー溶接修理をさせていただきました。来日中の観光客のお客さまのようで、「明後日香港に帰るのでそれまでに修理してほしい」とのことでした。
コインとマルカンの接続部分が外れている修理で、面で接続できるロウ付けのほうが強度があっていいのですが、時間がないのでレーザーで溶接理させていただきました。レーザー修理のいいところは、熱によって焦げたり、酸洗いをしなくていいので、加工後の磨きをしなくて良い場合もあり、お急ぎの場合はそれはそれでいいのかなという気もします。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ブレスレット・バングルの修理

No29864

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
    ブレスレット・バングルの修理

No29851

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
    ブレスレット・バングルの修理

No29787

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No29739

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

カルティエのK18YGネックレス切れ修理

カルティエジュエリーの修理・サイズ直し 切れたネックレス修理

No29737

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K18WGダイヤプチネックレスの切れ直し修理をさせていただきました。
ボールチェーンネックレスは以前はバーナーでロー付けで修理していましたが、このところレーザー溶接機で修理しています。バーナーですと強度はありますが、ホワイトゴールドなのでメッキを掛け直す範囲が大きいですし、そもそもネックレスにあまり強度は必要ないように思うのです。修理したところが強くなるということは、相対的にそのとなりが弱くなります。
レーザー溶接機もすこしずつ上手になってきました(笑)。レーザーを使い始めた頃は、ボールチェーンだと接合できずにレーザーが貫通して穴が開いたのですが、なんとか修理できるようになりました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレス修理

No29729

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
 

切れたスワロフスキープチネックレスのレーザー溶接修理

スワロフスキージュエリーの修理

No29700

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No29657

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのシルバーネックレスのレーザー溶接修理

ティファニージュエリーの修理・サイズ直し

No29618

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
アクセサリーの修理

No29612

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No29605

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ダミアーニのK18WGクロスプチネックレス修理をさせていただきました。繊細なイタリアネックレスの代表です。
ネックレスというのは基本的に、細い針金を輪っかにして編んで作られています。アズキネックレスがその典型的な形です。このネックレスは、針金の細さが0.3ミリ位で2重編みになっています。切れた部分のコマを探し出し、編んで、口を合わせて、つなぎ目を接合します。それが2重編みになっている箇所もあります。
拡大スコープで見ながら作業しますが、あまりの細かさに、作業しながら酔ってきます(笑)。昔はロー付けで修理していましたが、ロー付けですと細かなネックレスの隙間にロー材が流れて、つなぎ目が目立ってしまします。今日ではレーザー溶接機でピンポイントに修理できるようになりました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ダミアーニジュエリーの修理

No29585

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのK18プチネックレスのレーザー溶接修理

ティファニージュエリーの修理・サイズ直し

No29555

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理 シルバージュエリーの修理

No29549

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

クロムハーツのシルバーネックレスのレーザー溶接修理

クロムハーツジュエリーの修理・サイズ直し 切れたネックレス修理

No29522

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No29516

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K14ダイヤプチネックレス切れ直し修理をさせていただきました。アメリカのお住まいの日本のお客さまで、帰国中にお直しさせていただきました。
メーシーズという百貨店で購入され、「しばらく着けてたら切れちゃって修理に持っていったが、要領を得ない。じゃあ、これに通るネックレスを買うと言ってたが、結局、通らなかった。西洋の職業人は自分の部門のことだけしかしない。でも、組合が強いので給料が良い。どのように出来上がってくるのかわからないので、修理には安心して預けられない」らしいでございます。
羨ましくもありますが、どこの国も一長一短あるってことでしょうね!
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレス修理

No29485

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No29484

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

アジャスターを外して短くしました。

ネックレス・ブレスレット長さ調節

No29455

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No29443

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No29441

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No29425

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
純金K24ジュエリーの修理

No29365

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのK18プチネックレスのレーザー溶接修理

ティファニージュエリーの修理・サイズ直し

No29260

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
修理前
修理前アップ

K18WGダイヤテニスネックレス修理をさせていただきました。
テニスネックレスとは、ネックレスの全周がくるっとダイヤで連なったネックレスのことで、ダイヤモンド1石ずつが一コマ一コマになっている、繊細な作りのネックレスなのです。
ネックレスを修理するときは、一コマ一コマが固まらないように慎重に修理しなくてはなりません。コマが固まってしまいますと、せっかくのネックレスが台無しです。ロウ付けで修理しようとしますと、毛細管現象を利用して溶かしたロウを隙間に流し込んで固めますので、コマが固まるリスクが高いのです。
ところがレーザー溶接機で溶接しますと、ピンポイントで溶接したいところを固めることができるので、このような繊細なネックレスを修理するには適した道具でございます。ただ、レーザー溶接機は導入費用が高いのが玉に瑕でございます。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ダイヤテニスネックレス・ブレスレットの修理

No29201

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
純金K24ジュエリーの修理

No29179

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

グッチのシルバーネックレスのレーザー溶接修理

グッチジュエリーの修理・サイズ直し

No29158

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No29127

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

クロムハーツのシルバープチネックレスのレーザー溶接修理

   クロムハーツジュエリーの修理・サイズ直し

No29124

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No29119

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ブレスレット・バングルの修理

No29096

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K10キュービッククロスペンダントバチカン修理をさせていただきました。アメリカで購入されたアメリカンジュエリーでかっこいいクロスペンダントです。10金イエローゴールドにキュービックが埋め込まれています。
このペンダント修理において最大の問題点は、キュービックが熱に弱いので、熱をかけて接合できないことです。そんなときはドラえもんの道具のように「レーザー溶接機」で接合します。バチカンの裏の金が欠けた部分も、金を盛ってバチカンを形作ります。
レーザー溶接機は便利な「道具」ですが、「考え方」も変えてくれると思うのです。この道具とこの道具を組み合わせて、また新しい何かが生まれる。そんな気がするとても便利な道具であります。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

バチカン加工・修理

No29065

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ダミアーニのK18YGプチネックレスのレーザー溶接修理

ブランドジュエリーの修理 ダミアーニジュエリーの修理

No29015

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No29005

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れたルイヴィトンのプチネックレスのレーザー溶接修理

ルイ・ヴィトンジュエリーの修理・サイズ直し 切れたネックレス修理

No29001

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No28997

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
修理前
修理前

プラチナダイヤピアスのバネ緩み修理をさせていただきました。お客さまがお気に入りのピアスですが、使ってるうちにバネがゆるくなってしまったそうです。
このようなピアスのバネの修理ってなかなか厄介です。①がバネですが、バネを直接調整するのはリスクが高い場合が多いです。まず、バネを固定するための爪がもたないことがあります。いったん取り外し、また留め直すときに折れることが多いのです。
なので今回は、ピアスが閉まったときにバネが当たる部分②の部分に、レーザーでプラチナを盛り上げてバネが強くなるように調整してみました。お客さまには「うまくいくかはわかりませんが…」と言いましたが、やってみたところ運良くうまくいきました。
新しい技術は万能ではありませんが、それによりあたらしい考えで可能性は広がります。よく考えて、よくリスクを考えて、これからもチャレンジしていきたいです。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ピアスの修理

No28974

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No28960

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
純金K24ジュエリーの修理

No28915

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K18YGチェーンリングのレーザー溶接修理

ちぎれてしまった指輪の修理

No28888

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのシルバーネックレスのレーザー溶接修理

    ティファニージュエリーの修理・サイズ直し

No28806

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No28730

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No28722

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

18金ダイヤプチネックレスのお直しをさせていただきました。
人気のアガットのプチネックレスです。アガットは繊細な細工や構造で、必要最小限というか、もうちょっと丈夫にしたほうがいいんじゃないかなと思うんですが、見た目はとても繊細で美しいプチネックレス(ネックレスはトップなし、プチネックレスはトップと一体になっているネックレス)です。
このプチネックレスの石座とネックレスを連結するカンが折れてしまったお直しでした。もう本当に細かいです! それにダイヤモンドは、ミステリーセッティングと言われ爪で留まっていないので外すこともできません。石座に取り付けられていて折れたカンの太さは0.3ミリです。細いネックレスの端のカンの太さは0.4ミリです。これは折れやすいと思いますが、デザイン上必要だったのでしょう。0.3ミリの金線を石座にレーザー溶接機でなんとか取り付けましてから、ネックレスを接続。こんな細かいのんできるんかなと思いましたが、なんとかお直しできました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ネックレス修理 ブランドジュエリーの修理

No28668

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
クロムハーツジュエリーの修理・サイズ直し

No28662

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ピアスの修理

No28653

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

グッチのプチネックレスのレーザー溶接修理

  グッチジュエリーの修理・サイズ直し

No28559

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No28513

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ピアスの修理

No28489

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

No28445

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

プラチナサファイアネックレスを修理させていただきました。豪華なネックレスでサファイアの石座に直付けされたネックレスです。豪華すぎて取り扱いも怖いです。
今までであれば、サファイアを外してから石座をネックレスに接合し、また石留めし直すという修理方法でしたが、レーザー溶接機で慎重に慎重にサファイアを保護しながら、マルカンと石座深部までレーザーを照射し接合します。そうすると修理工程が簡略化され、スピード、コストとも短縮できるのです。
新聞・メディアで取り上げられる「DX革命」とは、職人の勘と経験、例えばバーナーで色が変わったプラチナの色を見て温度を把握するような勘と経験を、数値化することなのかなと思います。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

No28436

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ピンクゴールドジュエリーの修理

No28434

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K10ブレスレットを修理させていただきました。
0.2ミリから0.3ミリのチェーンで作られているブレスレット。ところどころ赤い石が金線で取り付けられています。通常の修理方法のロウ付けでは温度差を利用して接合するので、細かな金線ですとダマになって固まって、見にくい接合になってしまうことがあります。ところがレーザー溶接機で接合すると、狙ったところだけが接合するので、仮に金線同士が接触しかかっていてもダマになることはほぼありません。
このような修理にレーザー溶接機はうってつけの機械なのですが、非常に高額な機械なのが玉に瑕でございます。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ブレスレット・バングルの修理

No28431

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのK18YGプチネックレスのレーザー溶接修理

ティファニージュエリーの修理・サイズ直し

No28424

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K10アガット(ブランド名です)ピンク石ブレスレット修理をさせていただきました。
ちょうど真ん中のピンク石をぶら下げているところのコマが切れてました。
こういうデザインものを修理する時って、切れたところだけではなくて、ピンク石を0.3ミリの金線でくくる方法などもきちんと知っておかないと、なかなか修理しにくいです。
この程度の修理でしたら即日でできることもあるんです。ただ、ジュエリーの修理というのは「何が起こるのかわからん」と私が思いながらやっていますので、なるべくお時間を頂戴してさせていただいております。
即日できるかと聞かれましても、「できません」と答えさせていただいております。ご理解の程よろしくお願いいたします。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ブランドジュエリーの修理 ブレスレット・バングルの修理

No28374

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れたルイヴィトンのプチネックレスのレーザー溶接修理

ルイ・ヴィトンジュエリーの修理・サイズ直し

No28353

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

プラチナ850ベネチアンネックレスの切れ直し修理をさせていただきました。
おおよそ40~50年ほど前のネックレス。幅は1.2ミリで比較的しっかりしています。おそらく、今日販売されているネックレスよりも、遥かに耐久性が高いと思います。バネカンやプレートの形からも相当古いものだと推測されます。
このネックレスを修理していて思ったのが、ネックレスのコマが分厚いこと。ネックレスを修理するときは、ニードルでコマの真ん中を押し、コマの継ぎ目を外します。まず、このネックレスは簡単には外れない。それに、コマを組み合わせ、継ぎ目をレーザーで接合します。その時に現代のネックレスは、出力を絞らないと板厚が薄いので「貫通!?」してしまうのです。
このネックレスはしっかり修理ができました。古いものはいいなと思いました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレス修理

No28346

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ピアスの修理

No28305

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れたエルメスのネックレスのレーザー溶接修理

エルメスジュエリーの修理・サイズ直し

No28302

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れたグッチのシルバープチネックレスのレーザー溶接修理

グッチジュエリーの修理・サイズ直し

No28281

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

10金ピンクゴールドプチネックレスのお直しをさせていただきました。
プチネックレスが途中で切れてしまいました。ネックレスの線径は0.18ミリととても細い。このネックレスの場合は、レーザー溶接機で修理します。レーザーで修理するようになりまして、最短で翌日お渡しすることができることもあります。
コマの輪を開いて、つなげて輪を閉じ、そこにレーザーを当てます。ネックレスを指の腹の上に乗せてレーザーを照射すると、思ったところにバッチリあたります。熱くもなんともないのですが、後から病気になるかなぁ?
ともかく、あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ピンクゴールドジュエリーの修理 切れたネックレス修理

No28242

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No28145

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理
    

No28135

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ブレスレット・バングルの修理
    

No28134

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ルイビトンのプチネックレスを修理させていただきました。素材は真鍮のようで、表面には分厚い良質なコーティングがかかっており、とてもきれいなプチネックレスです。
今までならば、真鍮素材は接合ができないので修理を受けておりませんでしたが、工夫を重ね、修理できるようになりました。出来ると、出来ないとは、「0」か「1」で表すと大きな違いですが、紙一重の差で、出来る出来ないの違いの差に表れることがあります。日々努力を重ねたいと思います。
何でもできるわけではございませんが、なるべく、あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ルイ・ヴィトンジュエリーの修理・サイズ直し

No28090

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No28080

リフォーム前
リフォーム前
アイコン_矢印
リフォーム後
リフォーム後

18金ガーネットイヤリングをピアスにリフォームさせていただきました。
このイヤリングのガーネットは覆輪留めと言って、ガーネットの石の縁にぐるっと金をのせて石留めされています。爪留めでしたら容易に石を外すことができるのですが覆輪留めは外すことが出来ません。
ピアスポストをレーザー溶接機で接合しやすいように加工してから、ポストを取り付けました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

イヤリングをピアスへリフォーム

No28078

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理

No28076

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No28063

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No28029

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No27972

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No27967

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No27956

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No27911

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No27901

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No27865

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れたティファニーオープンハートプチネックレスのレーザー溶接修理

ティファニージュエリーの修理・サイズ直し 切れたネックレス修理

No27849

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

PtダイヤVリングの、ダイヤ石合わせ石留め修理をさせていただきました。
お母さまが使っていらした指輪。このVリングは、立爪ダイヤと重ねて指に装着されるようデザインされたので、形がV字になっています。よく重ねて着けられておられたのでしょうね。立爪の下の爪と当たる部分が摩耗しています。立爪は背が高いので、常時少し横向いていたのでしょう。2石の爪の部分が特に摩耗して、石がなくなっていました。
このような修理の時、爪を復元するのに、レーザー溶接機は便利です。0.3ミリずつくらいプラチナを少しずつ盛って、爪を整形していきます。この手法を応用すれば、プラチナ3Dプリンターもできるかもと思います。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

磨り減った爪・折れた爪の修理 ダイヤ石留め修理

No27828

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

シルバーピアスポスト修理をせていただきました。ポストの根元からポッキリ折れたシルバーピアス。このピアスには分厚いメッキが施され、正面に赤いエナメル塗装が施されています。電話だけでお問い合わせを受けましたら、「これは無理です」と答えますが、何とか修理したいとのことで送ってこられました。
通常のバーナーの修理では、分厚いメッキは熱で傷み、全部削り取ることになります。赤いエナメルもまったく同じ色味に合わせるのがなかなか大変。なので、メッキのかかったシルバーはなるべく修理しないようにしてます。
バーナーで修理することの利点は、接合部分が面で接合されるので、強度が高い。今回は高温でメッキやエナメルが痛むので、レーザーでポストを接合しました。レーザーでは点で接合されるので、強度はバーナーに劣ります。なんとか修理させていただきましたが、以前より弱くなっていますのでご注意してお使いくださいませ。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ピアスの修理

No27800

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

18金パールステーションネックレスを修理させていただきました。真珠の横から切れてしまっています。
ちょっと前だったらできない修理かもしれません。真珠は熱に弱く、修理するときはバーナーで熱して修理していたからです。
現在は直径0.2ミリの精度でピンポイントに金を溶かして接合することができます。昔、「AKIRA」という映画であった、人工衛星からレーザーで敵を攻撃する、そんなイメージの技術であります。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレスチェーン修理

No27773

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27754

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27722

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ちぎれてしまった指輪の修理
    

No27714

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理

No27673

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

10金ダイヤプチネックレスを修理させていただきました。ネックレスの幅はにゃんと、0.5ミリ!!細いよ~! 
ネックレスというのは、基本的に輪っかをつなげて作ってあります。切れた端っこ同士を輪っかでつなぎ、つなぎ目を接合します。薄く細かい金の輪っかのをつなげるのですが、細かすぎて、手が汗ばんできます。
細いネックレスが綺麗なのもわかりますが、0.6ミリだったら比較的まだやりやすくて、修理しても切れにくくなると思います。0.5ミリの細さはちょっと細すぎじゃないの~と思っています。ほんと注意してお使いくださいませ。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレスチェーン修理

No27667

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K18ネックレスを修理させていただきました。このネックレスは18金のパイプとミラーボールをアズキネックレスに通して出来ているネックレスです。コンセントに引っかかって焼損して切れてしまったとのことで、修理させていただきました。
ネックレスからパイプとミラーボールを取り外し、中のアズキネックレスを繋いで、ところどころクシャっとなっているパイプを修正しながら通し直し、修理させていただきました。傷んでいたカンなどすべて交換させていただきました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレスチェーン修理

No27628

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

4℃のPt950&K18ダイヤ婚約指輪の石外れ修理をさせていただきました。
婚約指輪のダイヤが外れて、一時なくなってしまってたそうです。あきらめられていたそうですが、ある日、車を掃除中にコロコロをかけてたら、ダイヤが引っ付いてきたそうです。
やはり、掃除をすれば、いいことありますね! ウチの店も古い店ですが、自分なりに掃除を徹底してるつもりです。掃除を徹底すると良い循環に入ります。それはすべてに通じます。
この指輪のダイヤが外れてしまった原因は、24時間365日気に入って身に着けられていたのでしょう、ダイヤを留める4本の爪が摩耗していました。レーザー溶接機でプラチナを爪にたっぷりしっかり盛り付けて、石留めしなおして、修理完了しました。
お客さまにはダイヤ緩みの発見方法を伝えました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

4℃ジュエリーの修理・サイズ直し 磨り減った爪・折れた爪の修理 ダイヤ石留め修理

No27623

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27620

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27599

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ピンクゴールドジュエリーの修理

No27588

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ブレスレット・バングルの修理 ピンクゴールドジュエリーの修理

No27574

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27573

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

セーフティチェーンのレーザー溶接修理

セーフティチェーンの修理 ブレスレット・バングルの修理

No27564

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27559

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理

No27537

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27514

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理

No27505

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

No27487

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

No27483

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ダイヤリングを修理させていただきました。ダイヤが2石外れてしまっています。永年の使用により、爪が摩耗してダイヤが外れてしまったようです。
摩耗した爪を立て直して修理します。今回はレーザー溶接機でプラチナを盛って、爪を立て直しました。減った爪のところにプラチナの針金を出し、爪と針金の接点めがけてレーザーを照射して、少しずつ爪を盛り上げていきます。爪を盛り上げて形を整えてから、ダイヤをはめ込んで石留めします。
今回は教科書通りのレーザー溶接機の使い方です。レーザー溶接機は万能というわけではありませんが、使い方によってはとても便利な機械です。まだ、わかりませんが、考え方によってはもっとすごい使い方があるかもしれません。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

磨り減った爪・折れた爪の修理 ダイヤ石留め修理

No27478

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

No27473

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27449

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理 切れたネックレスチェーン修理

No27448

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27424

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理

No27409

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ピアスの修理

No27407

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れてしまったグッチシルバープチネックレスをレーザー溶接修理しました。

シルバージュエリーの修理 グッチジュエリーの修理・サイズ直し

No27428

 
修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ブレスレット・バングルの修理

No27400

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れてしまったシルバープチネックレスをレーザー溶接修理しました。

シルバージュエリーの修理 切れたネックレスチェーン修理

No27374

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27365

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27361

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27351

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27350

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

シルバープチネックレスをレーザー溶接修理しました。

シルバージュエリーの修理

No27340

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ダイヤプチネックレスの切れ直し修理をさせていただきました。お母さまから頂いた、肌身離さずつけているプチネックレスが切れてしまいました。
お客さまはアメリカ東海岸在住で、一時帰国中。「アメリカでの修理はなんだか任せる気になれない。あなたが修理してくれるの?」ということで修理させていただきました。
帰国時間も迫っている中で限られた時間でしたが、時間のやりくりがうまくいきまして、翌日にはお渡しすることができました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレスチェーン修理

No27338

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

コインペンダントのレーザー溶接修理

No27334

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
リフォーム前
アイコン_矢印
修理後
修理後

Ptダイヤリングを11号から13号へ2号サイズアップ

プラチナのほぼフルエタニティリングをサイズ直しさせていただきました。全周の四分の三以上ダイヤを埋め込まれリングを、2番アップさせていただきました。
ダイヤモンドの近くをバーナーを使ってプラチナでロー付けすると、ダイヤに火が入ることがあります。「火が入る」とは、石が白くなったり、最悪割れたりすることがあるのです。今回は、それを防ぐためにレーザーで接合しました。強度はロー付けのほうが勝りますが、ダイヤに火が入るよりかはましです。
完璧を目指したいですが、人が作るものおいて完璧なものはないということは、先の大地震の時に「想定外」という言葉で明らかになりました。しかし、より良くしていくために、どうすれば良いのかか選ぶために、新しい技術は必要なのです。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

エタニティリングサイズ直し

No27332

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27326

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27319

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27307

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

18金スクリューネックレスを修理させていただきました。極細のスクリューネックレス、このネックレスは二重編みになっています。いわゆるダブルチェーンで、コマとコマの中に次のコマとコマがあります。わかりにくいね。
このネックレスの線径は0.18ミリ、ちょっと太めの髪の毛ぐらい。昔はガスバーナーでロー付けしていました。今ではレーザーで、コマの継ぎ目を接合します。まともに当てると突き抜けちゃうので、これくらいの細さになると、掠れ程度で接合できます。
レーザーで修理するようになって、コマが固まることはなくなりました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレスチェーン修理

No27295

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
バチカン加工・修理

No27251

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27250

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

18金ペンダントの外れたバチカンを修理させていただきました。石は何でしょう?  トルコ石のようですがよくわかりません。
ともかく、外れたところが石のすぐ上で、本来であれば石を外してから修理するのですが、なんだか不必要に強そうな接着剤で留められています。外すのに難儀しそうです。
このようなときの接合には、レーザー溶接機が有効です。0.2ミリのピンポイントで接合できるので、石に熱のダメージは加わりませんし、石を外したり留め直す手間暇もかかりません。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

バチカン加工・修理

No27249

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K18ネックレスを10㎝短くしました。

ネックレス長さ調節

No27248

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れてしまったティファニーシルバープチネックレスをレーザー溶接修理しました。

ブランドジュエリーの修理 ティファニージュエリーの修理・サイズ直し

No27245

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27244

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27239

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

折れた芯をレーザーで溶接した後、真珠を接着して修理完了しました。

接着修理

No27234

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレスチェーン修理

No27222

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
修理前
修理前

プラチナネックレスを切れ直し修理させていただきました。
お預かりするときは、「どうして切れたんやろ?」と思いながら預かります。「引っぱっちゃった?」とか聞くのもそのためです。たまに、「なんにもしてへんのに切れた」とか言われることがありますが、切れるまで見といたろかな思いますけど、今回のケースはそれに近いのかもしれません。
50年くらい前のコマ物と言われるネックレス、ずっと身につけられているんでしょうね。鎖と鎖が当たる部分がこんなに(矢印部分)摩耗していました。これはほぼ、「なんにもしてへんのに切れた」と認定できる切れ方でしょう。
ただ、このコマだけではなく、このネックレス全体のコマがこうなっているので、注意が必要です。全部直せばいいんですけど、修理代も嵩みます。切れるたんびに修理するのがいいでしょうね。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレスチェーン修理

No27202

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

18金ダイヤプチネックレスを修理させていただきました。幅0.8ミリほどのベネチアンネックレスが切れてしまいましたそうです。
このネックレスは、小さな四角い箱を鎖状にしたネックレスです。切れたときは箱の両側にチェーンを引っ掛け、箱の口を閉じ、そこを接合します。狂気の技です。極細ピンセットでの作業になりますが、レーザー溶接機を用いるようになって、作業はとてもやりやすくなりました。
レーザー溶接機は、0.2ミリの範囲でピンポイントで接合できるので、ロー材が回って数コマ固まってしまうということがありません。隣接する線を選んで、狙ってピンポイントで接合できます。
ロー付けの場合は、温度差を利用してロー材を誘導しますので、調子の悪いときは固まることもあるのが正直なところでした。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレスチェーン修理

No27180

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
   ブレスレット・バングルの修理    留め金具修理

No27179

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

18金ベネチアンネックレスの切れ直し修理をしました。
このネックレスは細さ約0.45ミリと、細いです。ネックレスというのは、同じ構造のコマが連続したもので構成されています。ベネチアンの場合は、0.45ミリの四角いコマが延々と連なっている。その中の一コマが外れると、切れるのです。
その外れたコマを探して、両端にネックレスを掛けます。掛けたネックレスに当たらないように、外れたコマを超極細ピンセットで寄せながら、レーザーで接合します。
今まではバーナーでロー付けしていましたが、最近はレーザー溶接機で接合します。
レーザー溶接機のいいところは、調子の良い悪いが少ない。バーナーでのロー付けですと、二日酔いでやったらネックレスを溶かしてしまいます。レーザー溶接機は、職人の長年の経験を数値化して溶接するので、誤って溶けることが少ない。
しかし、この細さのネックレスは、流行ってますけど、また切れちゃいますよね。金も高いししょうが無いよね。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレスチェーン修理

No27178

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
    切れたネックレスチェーン修理

No27164

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れてしまったグッチシルバープチネックレスをレーザー溶接修理しました。

グッチジュエリーの修理・サイズ直し ブランドジュエリーの修理

No27163

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れてしまったグッチシルバープチネックレスをレーザー溶接修理しました。

グッチジュエリーの修理・サイズ直し ブランドジュエリーの修理

No27160

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理   切れたネックレスチェーン修理

No27147

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
   切れたネックレスチェーン修理

No27136

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのオープンハートプチネックレスのレーザー溶接修理

ティファニージュエリーの修理

No27135

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

シルバーネックレスのレーザー溶接

シルバージュエリーの修理

No27134

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ピンクゴールドダイヤプチネックレスのレーザー溶接修理

ピンクゴールドジュエリーの修理

No27067

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ブレスレット・バングルの修理

No27065

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

No27048

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れてしまったダイヤリングを修理させていただきました。
以前にリフォームさせていただきました指輪です。気に入ってずっと使っていらしゃるようで、サイズ直し部分が長年の使用により、金属疲労で切れてしまったようです。
石座の裏の汚れ具合で、この指輪をどれだけお気に召していらっしゃるかよくわかります。悪く言えば「コテコテ」なのですが、職業柄でしょうか、嬉しく思います。「徹底的にきれいにしてやろうじゃないか!」と燃えたぎります! 修理する時間よりも、きれいにするほうが時間がかかりました! 仕事でも、家庭でも、なんでも、きれいに掃除することは、本当に本当に大事なことだと思っています。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ちぎれてしまった指輪の修理

No27017

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

プラチナサファイアブレスレット金具修理をさせていただきました。ブレスレットの中折金具の可動部分にある、パイプの接合部分が外れてしまった修理です。ロー付け修理でも可能なのですが、ロー付けは母材よりも融点の低い金属を接合部分に毛細管現象で流し込んで固めて接合する技法なので、可動部分も固まってしまうリスクもあります。
こんなときにはピンポイントで接合できるレーザー溶接で、外れた中折金具を接合修理しました。レーザー溶接機を使うと階段を一段飛ばしするような感覚で仕事ができます。仕事の幅も広がります。
仕事とは考え方だと思います。高額な機械ですが、あれば儲かるかといえばほとんど関係ありません。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ブレスレット・バングルの修理 留め金具修理

No27006

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理 ネックレス長さ調節

No26998

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
 シルバージュエリーの修理

No26982

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

No26981

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

No26969

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのシルバープチネックレスのレーザー溶接

 シルバージュエリーの修理 ティファニージュエリーの修理・サイズ直し

No26952

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

No26951

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

人種隔離政策で絶版の金貨となった、クルーガーランド金貨を修理させていただきました。
コインの枠を留めるカンの口が開いていました。コインの重量に対して、確かにカンの太さ大きさともに小さめでした。かと言って大きくすると取り付けできなくなりそうなので、カンの口を接合させていただきました。
小さなことからコツコツと、あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

No26950

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
   切れたネックレスチェーン修理

No26930

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
   切れたネックレスチェーン修理

No26910

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れてしまったグッチのクロスプチネックレスをレーザー溶接修理しました。

グッチジュエリーの修理・サイズ直し ネックレス修理

No26906

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

トルコ石ネックレスシルバー金具のレーザー溶接

シルバージュエリーの修理

No26905

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

シルバーガーネットプチネックレスのレーザー溶接

シルバージュエリーの修理 切れたネックレス修理

No26890

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

No26888

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

シルバークロムハーツネックレスを修理させていただきました。
シルバージュエリーの修理の判断は難しいものが多いです。シルバージュエリーの考え方は、ジュエリーとアクセサリーのちょうど中間点に位置すると思います。
デザインが楽しく自由な反面、作り手の常識が違う(悪い意味ではありません。例えです)。熱の伝わりが早い。表面のコーティングが何かわからないこと。熱を入れた時の酸化膜を取るのに時間がかかること。イブシを入れ直さなくてはならない物があるなど。製造するよりも修理のほうが手間隙かかることもあると思います。
クロムハーツはコーティングされていないものが多いので、まだやりやすいです。このネックレスの場合、レーザー溶接機で修理を行うと、工程が減り、修理のスピードも格段に上がりました。しかし、後でネックレス全体をチェックすると、もう一箇所外れている部分がありました。これは、サービスでお直しさせていただきました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

クロムハーツジュエリーの修理・サイズ直し シルバージュエリーの修理

No26880

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

グッチのシルバープチネックレスのレーザー溶接修理

シルバージュエリーの修理 グッチジュエリーの修理・サイズ直し

No26876

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K10ブレスレットのレーザー溶接修理

ブレスレット・バングルの修理

No26875

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

テニスブレスレットセーフティチェーンのレーザー溶接修理

ダイヤテニスブレスレットの修理 セーフティチェーン取り付け・修理

No26864

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ネックレスが通るようにバチカン加工・修理

No26829

変色直し前
変色直し前
アイコン_矢印
変色直し後
変色直し後

切れたクロスフォーのシルバープチネックレスをレーザー溶接修理させていただきました。
シルバー925にメッキが施されたプチネックレス。シルバーはすぐに黒く変色するため、メッキされているものが多いです(メッキをすると色が黒くなりにくいので)。きれいな白いメッキはロジウムメッキです。
伝統的なガスバーナーでの修理では、接合時の熱でメッキが取れてしまいますが、ピンポイントで接合できるレーザー溶接では、メッキし直さなくても大丈夫な場合が多いです。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

切れたネックレス修理 シルバージュエリーの修理

No26824

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理 ピンクゴールドジュエリーの修理

No26821

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理

No26799

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K18YGアンクレットレーザー溶接修理

ブレスレット・アンクレットの修理

No26797

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れたネックレス修理 ピンクゴールドジュエリーの修理

No26795

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ネックレスのレーザー溶接修理

シルバージュエリーの修理 切れたネックレス修理

No26781

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

14金コーティングシルバーネックレスのレーザー溶接修理

切れたネックレス修理 シルバージュエリーの修理

No26737

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

かわいいイエローサファイアリングの端っこのダイヤが外れた修理をさせていただきました。
ご使用によって爪が摩耗して、ダイヤが外れてなくなっていました。ダイヤの隣にはイエローサファイアが留まっていますので難易度の高い修理です。
このようなときにこそ、ピンポイントで爪を立てることのできるレーザー溶接機で修理します。もしもレーザー溶接機がなかったら、修理するために複数個の他の石を外して修理することになります。新しい機械で修理することは良いことばかりでは有りませんが、確実に出来ることは多くなります。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

磨り減った爪・折れた爪の修理 ダイヤ石留め修理

No26726

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

シルバーネックレスのレーザー溶接修理

シルバージュエリーの修理 切れたネックレス修理

No26697

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

シルバーネックレス長さ調節リフォームをさせていただきました。「オークションで手に入れたネックレスが長い。そして、アジャスト金具が不要なので外してほしい」というご依頼でした。
全長50センチを42センチに調整。不要なアジャカン(調整のための大きな輪っか)を含めて外して、カンを接合しました。
今回はレーザー溶接機で接合しました。特にシルバー素材には、レーザー溶接機は工程を減らすためにいい道具です。レーザーでピンポイントで接合することによって、シルバーの頑固な酸化膜を除去することなく接合できますし、酸化膜を除去するときに取れちゃうかっこいい風合いのイブシを入れ直す手間もなく出来上がりますので、作業のスピードが格段に上がります!
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

シルバージュエリーの修理 ネックレス長さ調節

No26616

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのシルバーオープンハートプチネックレスの、レーザー溶接修理

ティファニージュエリーの修理・サイズ直し ブランドジュエリーの修理 切れたネックレス修理

No26615

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのシルバーオープンハートプチネックレスの、切れ直し修理をさせていただきました。
レーザー溶接機の導入により、このような修理の納期がとても短縮されました。一応、1週間お時間をいただきますが、翌日お渡しすることが可能な場合もございます。
めっちゃ細かいですが、レーザー溶接機によって0.25ミリの鎖を構成するコマをピンポイントで接合し、ロー付けだとバーナーを使用して発生する、磨いてもなかなか取れない頑固な酸化膜も発生することなく、工程が短縮でき、なおかつ綺麗にできあがります。
これも技術革新、職人の長年の経験の火加減を数値化する、DX革命ちゅうやつなのかな?
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ティファニージュエリーの修理・サイズ直し ブランドジュエリーの修理 切れたネックレス修理

No26613

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

シルバープチネックレスのレーザー溶接修理

ネックレス修理 シルバージュエリーの修理

No26612

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K10ネックレスのレーザー溶接修理

ネックレス修理

No26607

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K10PGガーネットネックレスのレーザー溶接修理

ピンクゴールドジュエリーの修理 ネックレス修理

No26602

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

グッチのシルバープチネックレスのレーザー溶接修理

グッチジュエリーの修理・サイズ直し ブランドジュエリーの修理

No26576

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

シルバースワロフスキープチネックレスのレーザー溶接修理

ネックレス修理   シルバージュエリーの修理

No26569

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K18YG真珠ステーションネックレスのレーザー溶接修理

ネックレス修理

No26567

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ネックレス修理

No26560

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K10ツブシ小判ネックレスの切れ直し修理をさせていただきました。通販などで人気のツブシ小判ネックレス。キラキラしてて細くて、きれいなツブシ小判です。細い小判ネックレスを更に叩いて薄くしているから、やはり切れやすいです。
安くてきれいなのもいいですが、ちょっとこれはやりすぎかな~と私は思います。私が店でこのネックレスを販売したら、布施のお母ちゃんたちは黙っていないぞ~と思います。
それはさておき、あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

No26556

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

結婚指輪の石留め修理をさせていただきました。
気がつけば結婚20年、25年、30年。ウチの娘も先日二十歳を迎え、彼女の責任で生きてゆく年齢を迎えました。子どもたちが手を離れると、気がつくことが増えてきます。あれ、結婚指輪、入らねえぞ!とか、石がなくなってる!とか、ガラが薄くなってる!とか。
なさま、一生懸命無我夢中で生きてこられたのです。幸いにして、この指輪は石を紛失されてはおられませんでした。
爪はレーザー溶接機で爪を盛ります。爪を盛るという技法は、レーザ溶接機にとても適した技法です。磨き上げてきれいに仕上げまして、ミルを施し、修理完了しました。
加工前の写真ではミルは完全になくなっております。「ミルを復元して」とご注文いただかないと、ミルの存在が予想できない場合が多いですので、我々に伝えてくださいね。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

結婚指輪の修理 ダイヤ石留め修理

No26548

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

グッチのシルバープチネックレスのレーザー溶接修理

グッチジュエリーの修理・サイズ直し ブランドジュエリーの修理 シルバージュエリーの修理   
     

No26532

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理

No26515

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ルビーペンダントのリフォームをさせていただきました。今のバチカン(ネックレスを通す金具)ではネックレスを抜き差しできないものがあるので、大きくしたいとのことでした。
ルビーは、覆輪(フクリン)留めと言いまして、周りの金を少しずつルビーの上にタガネで寄せて頑丈に留める方法で留まっていますので、ロー付けの際、熱を回避するために石を外すことが出来ません。そこで、レーザー溶接で接合しました。
このような場合はレーザー溶接が最適な方法です。ペンダントを手で持って、ピンポイントで接合できますので、ルビーに優しく接合できます。レーザー溶接は万能では有りませんが、とても便利な道具の一つとしてリフォームに活躍しております。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ネックレスが通るようにバチカン加工

No26494

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理

No26487

   
修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのK18YGスマイルプチネックレスのレーザー溶接修理

ティファニージュエリーの修理・サイズ直し ブランドジュエリーの修理

No26486

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

クロムハーツのシルバープチネックレスのレーザー溶接

ブランドジュエリーの修理 クロムハーツジュエリーの修理・サイズ直し シルバージュエリーの修理
     

No26476

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ダイヤテニスブレスレットの修理

No26515

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ルビーペンダントのリフォームをさせていただきました。今のバチカン(ネックレスを通す金具)ではネックレスを抜き差しできないものがあるので、大きくしたいとのことでした。
ルビーは、覆輪(フクリン)留めと言いまして、周りの金を少しずつルビーの上にタガネで寄せて頑丈に留める方法で留まっていますので、ロー付けの際、熱を回避するために石を外すことが出来ません。そこで、レーザー溶接で接合しました。
このような場合はレーザー溶接が最適な方法です。ペンダントを手で持って、ピンポイントで接合できますので、ルビーに優しく接合できます。レーザー溶接は万能では有りませんが、とても便利な道具の一つとしてリフォームに活躍しております。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ネックレスが通るようにバチカン修理・交換

No26478

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

No26474

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

プラチナダイヤリングの石留め修理をさせていただきました。0.321ctのダイヤモンドが外れていました。石が外れた原因は、長年の使用による爪の摩耗。それとリング全体の変形による爪の浮きでございました。指輪の変形も、爪が浮くなど石外れにつながりますので、早めの修理がいいですよ。
摩耗した爪の修理には、レーザー溶接でプラチナ900を盛って修理しました。ロー付けですとあとで変色する恐れもございます。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

 ダイヤ石留め修理   磨り減った爪・浮いた爪の修理

No26475

   
修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ルイヴィトンのシルバーブレスレット切れ直し修理させていただきました。
このブレスレットは始めてみました。よくキャバクラのお姉さまがつけていらっしゃりそうな(推測)Vのプチネックはよく見るのですが。
チェーンの修理の中でもこの編み方はレーザー溶接機で直すと、工程が格段に減りとっても早く修理が出来ます。タイミングによっては翌日お渡しも可能になってきましたが、忙しくなると出来ないので、その時のお楽しみに~。
建前でお時間いただきますが、遅くなると怒られますので、詠いません。早くできても絶対怒られませんので~。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ブレスレットの修理 ルイヴィトンジュエリーの修理

No26431

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

No26430

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
切れた・ちぎれてしまった指輪の修理

No26422

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ネックレスが通るようにバチカン修理・交換

No26415

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ティファニーのシルバープチネックレスをレーザー溶接修理しました。 ティファニージュエリーの修理 ブランドジュエリーの修理 シルバージュエリーの修理

No26412

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

No26380

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理

No26378

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
シルバージュエリーの修理

No26344

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ピンクゴールドジュエリーの修理

No26336

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K14WGアズキネックレスを修理させていただきました。このネックレスは、レーザー溶接機で修理しました。レーザー溶接機というのは、いわば数値で制御された火。職人が十数年かかって経験を積んで習得する火加減を、数値で同じように再現することが出来ます。
このネックレスの数値は0.2ミリ直径の火で0.2マイクロ秒、250Vの力で接合しました。これにより、同じものなら誰でも簡単に同じことが再現できます。全く同じ修理がいくつも来ることはあまりありませんが・・・。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

No26301

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

No26295

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

シルバーフリーサイズリングを修理させていただきました。ご主人からの誕生日プレゼントで、「最近してないね」と言われたから、修理持ち込みいただきました。スライド金具の丸カンの接合部分が取れた接合修理です。
スライド金具の玉の中には、チェーンを固定するためのゴムが入っています。バーナーを用いてのロー付け修理だと、ゴムが焼けてしまうので修理できません。まず、どこに持っていても「修理できない」と言われるでしょう。今回勉強のため一旦お引き受けしました。失敗したらK18WGの金具に交換しようと最悪を想定してからお引き受けしました。
丸玉とシルバーの丸カンを素手で持って、取れてしまった接合部分にレーザービーム放ちます。素手ですので怖いけど、今のところ大丈夫です。何回か打ちましてシルバーを盛り、補強して修理完了しました。
「今までできなかったことが、できるようになる」これぞ仕事の醍醐味です。思うにならないコロナ禍ですが、足元から固めるように、仕事に臨んでいきたいと考えております。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

他店で断られそうな難しい修理 アクセサリーの修理

No26291

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ピアスの修理 シルバージュエリーの修理

No26290

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

14金のキュービックかな?ピアスを修理させていただきました。石をよく観察すると、稜線が甘くダイヤではありません。ダイヤでしたら熱にある程度強いので修理しやすいですが、キュービックですと熱に弱く石が破損するので修理不能でした。
レーザー溶接機を導入し、難なく修理完了しました。レーザー溶接機は、ピアスを手に持って接合するので、熱による石破損のリスクは限りなく低くなります。
私の中では「ジュエリーは修理が出来る、アクセサリーは修理出来ないもの」みたいな勝手な基準がありましたが、今は何でもありの様相です。今までの常識が通用しなくなっています。なので、レーザー溶接機のような最新機器(飛び道具)が必要だと痛切に思っていました。
ここ2年ほど、時代にお客さまの要望についていくのに、アップアップでございます。
今日もなんとか、できるものでしたら、あなたのジュエリーのお悩みを解決します。出来なかったらゴメンナサイ。

ピアスの修理

No26283

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

18金ダイヤプチネックレスを、レーザー溶接機にて修理させていただきました。
ロー付けとレーザー溶接の大きな違いは、溶接する「対象物を素手で持って接合」できることです。素手で持ってロー付けしたら、指がからあげクンになってしまいます。素手で持って溶接できるから、ダイヤが付いていても大丈夫。
今まででしたら、ダイヤを外して修理するか(作るときはロー付けしてから石を留めています)、熟練職人の絶妙な火加減でダイヤにダメージを与えないようにロー付けしていました。ガンダムのビームライフルのように、狙ったところに設定した火力で当てて接合できる、すごい機械なのです。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

No26242

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

着けたいコインペンダントがネックレスに通らないとのことで、バチカンリフォームさせていただきました。珍しいコインで、オードリーヘップバーンが描かれ、ガラスがはめ込まれています。リスク高めのお仕事でございます。
ネックレスを通すバチカンは、通ればいいってものじゃなく、大きすぎると不細工、小さすぎると通りません。何事もギリギリが楽しく、美しい。
ギリギリのサイズでバチカンを作り、破損していたコインの口を優しくレーザーで接合しまして、修理完了しました。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ネックレスが通らないバチカン加工

No26175

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K14WGキュービックピアスの修理をさせていただきました。手軽な価格で購入できるピアスは、夏のおしゃれの必需品ですね。しかし、手軽に買えるということは、金の使用量も極端に少なく、特にピアスはプレスという技術で作られています。厚さは0.2ミリ程度、接合用のバーナーを不用意に当てると、トロっと逝ってしまいます。石も熱に弱いキュービックなので、やはりバーナーはNGというわけなのですが、そこでレーザー溶接機の出番です!
ですが、このレーザー溶接機でも不用意に用いると、プレス枠は貫通してしまうのです(わははは~)。ドラえもんの道具のようにうまくは行きませんが、どちらの道具の特性も活かしながら、なんとか修理することが出来ました。
明日、当店にも最新鋭のレーザー溶接機が届きます。使いこなせるよう、ローンがしっかり返せるよう、今日もあなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ピアスの修理

No25639

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

コインペンダントバチカン外れ修理をさせていただきました。
中のコインは純金のため傷つきやすいので、保護のため枠にはガラスがついています。昔は近所に時計ガラス職人さんがいらっしゃって、割れても気軽に合わせていただいていたのですが、もう仕事を辞められましたので、頼ることができません。バーナーでのロー付けが面で着きますので強度的にも優れるのですが、ガラスが割れる危険があります。
そのためやむなく、レーザー溶接機での修理となります。レーザー溶接機はピンポイントで溶かして接合するため、ガラスには危険が及びません。しかし、点を重ねて線にして接合しても、ロー付けの面での接合には強度的には及びません。
しかし、よりよく、手間のかからない、リーズナブルな方法としてはレーザー溶接もありがたい方法です。あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

他店で断られたむつかしい修理 ペンダントの修理 バチカン外れ修理

No25186

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

プラチナダイヤエタニティリングをサイズ直しさせていただきました。
「ここでサイズを足して直しますよ」と赤マジックを塗ったところで直します。ダイヤのすぐ横なので、ダイヤにダメージが及ばないように、レーザー溶接機で修理します。
人類は火を扱い、言葉を話し、文字を残すことによって発展してきました。レーザーは私共にとって新しい火です。マイレーザーを導入予定です。しかし、高い!! が、中国では3分の1から4分の1の価格で売られています。
中国のレーザー関連の技術の発展は、目を見張るものがあります。このまま自動車の電動化が進めば、日本は中国に飲み込まれるでしょう。日本のレーザー屋さんが価格を安く販売すると、製造業の生産性が格段に上がるのですよ! もっとレーザーを安く多く販売するべきです。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

エタニティリングのサイズ直し

No24599

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

18金のガラス入りコインペンダントを修理させていただきました。ネックレスを通す金具(バチカン)が摩耗して外れていました(別のペンダントの金具かも??)。
中に入っている純金コインを保護するために、ガラスがはめ込まれています。このガラスが入っているペンダントがなかなか厄介で、ガラスが割れるので接合の時火にかけられない。ガラスとコインの隙間に水が入ると抜けないので、水にもつけられない。万が一ガラスが割れると、今は親しいガラス職人さんが近くにいないので、ガラスを合わせることができない。
なんとか、このタイプのペンダントはできそうだったので、バチカンにちまちま金を盛りまして修理させていただきました。今回はたまたまうまくいきましたが、いつもうまくいくとは限りません。
「あれができたから、うちのも直るやろ」とか言わんといてね~。
でも、あなたのジュエリーのお悩みを解決したい。といつも思っています。

ペンダントの修理 バチカン修理・交換

No24546

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ブルガリのブレスレットのレーザーロー付け

ブルガリジュエリーの修理

No24004

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

みつあみになっているK18真珠ネックレスがこれ以上ほどけないように、レーザーロー付けしました。

No23507

K24修理前
K24修理前
アイコン_矢印
K24修理後
K24修理後

ペンダントのバチカン交換修理

ペンダントの修理 バチカン交換修理 純金K24の修理

No22938

レーザー修理前
レーザーロー付け前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザーロー付け後

ブローチ金具をレーザーロー付け

No20916

レーザー修理前
レーザーサイズ直し前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザーサイズ直し後

No20587

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後 後ろから見たら

18金ホワイトゴールドエナメルのディオールバタフライリングを修理させていただきました。かわいそうに、羽が折れてしまったチョウチョの指輪。ディオールショップでも修理できないと言われたそうです。
かろうじて触覚で羽がつながっている状態でした。エナメルというのか七宝と言うのか、正式名称はわかりませんが、とにかく熱をかけての修理はできません。案の定、途中触角が折れたりもしましたが、なんとかもとの形に復元することが出来ました。
ありがとうございます。

ブランドジュエリーの修理

No19957

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No19846

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No19736

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後

イギリス在住のお客様からの依頼で、指輪サイズ直しをさせていただきました。指をハチに刺されてしまって、やむなく指輪を切断したそうです。
プラチナとK18WGのとても修理しにくい指輪ですが、イギリスではことごとく「修理できない」と言われたそうです。プラチナとWGで色も同じなのに、どうしてこの組み合わせで作ったのか、製作者に意図を聞いてみたい指輪です。コンビにする意味がないように思うので、サイズ直ししやすいようにプラチナだけとかWGだけで作ればいいのにと思います。
切断面を均してちょうど接合部分近くにダイヤがありましたので、その部分も外して、お直しさせていただきました。

  

No18759

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後

元祖ダンシングかな?スウィングリングとか昔いいました指輪を修理させていただきました。最近お客さんに教えていただいたのですが、このスイングの真ん中に良く回るように仕込まれているベアリングは、時計の自動巻き機構のベアリングだそうです。ウォルサムという時計メーカーが始めたそうです。
ベアリングに熱が入ると動きが悪くなりますので、レーザーで修理させていただきました。

  

No18658

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No18462

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後

えらいこっちゃー首がもげてもたがなー!的に壊れてしまったエメラルドリングの修理でした。
今でこそ、酸素バーナーなどの高温でしっかりプラチナを接合できますが、40~50年前はそんないい道具も材料もありませんでした。
なので、長い月日が経つとつなぎめが弱くなって外れたのがこの指輪。
エメラルドもついているためバーナーも使えないので、レーザー溶接で修理させていただきました。

No18241

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後

ホワイトゴールドミステリーセッティングダイヤペンダントのバチカン(ネックレスを通す金具)を修理させていただきました。
ミステリーセッティングとは、通常宝石を石留めするときは四隅から爪で留めるのですが、爪なしにするために石に切れ込みを入れ、噛みあわせて留められています。石がなくなると製造元以外では修理できません!! ので慎重にレーザーロー付けを用いて修理させていただきました。
修理前のホワイトゴールドはオレンジっぽくなっていますが、これはホワイトゴールド本来の色で、 ロジウム加工をしてきれいに仕上げて修理させていただきました。

No18156

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後

込み入った細工のダイヤプチネックレスを修理させていただきました。
外れた部分が動く部分の近くだったので、レーザーで修理させていただきました。

No17972

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後

珍しい板ヒスイのペンダント修理をさせていただきました。
ヒスイに熱が回るといけないので、レーザーロー付けで修理させていただきました。

  

No17766

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No17332

レーザー修理前
レーザーサイズ直し前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザーサイズ直し後
  

No17211

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No17118

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No17097

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No13863

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
レーザー修理前
レーザー修理前アップ
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No13333

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No12759

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No12669

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No12511

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No11940

レーザー修理前
レーザー刻印前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー刻印後
  

No11781

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No10835 10836

レーザー修理前
10835 レーザー修理後
レーザー修理後
10836 レーザー修理後
  

No10597

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No10573

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No9971

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後アップ
  

No9868

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No9815

レーザー修理前
レーザー刻印前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー刻印後
レーザー修理前
レーザー刻印前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー刻印後アップ
  

No8886

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No8639

レーザー刻印後
レーザー刻印後
レーザー刻印後アップ
レーザー刻印後アップ
  

No8431

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No7822

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後 裏から見たら
  

No7580

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後 横から見たら
  

No6854

レーザー修理前
レーザー修理前
  
レーザー修理前
レーザー修理前 裏
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  
  

No6634

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No6324

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No6240

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
  

No5841

レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後
レーザー修理前
レーザー修理前
アイコン_矢印
レーザー修理後
レーザー修理後 アップ
  

修理・リフォームの注文方法

注文方法

修理・リフォームの注文方法

ご来店の場合

その1
ご来店

じゅえりーいはらに
ジュエリーを
お持ちください。
木曜日定休日

その1
お見積

拝見してすぐに
加工料をお伝え
いたします。

その1
加工

1点1点
熟練職人が
手作業で加工
いたします。

その1
出来上り

現金・各種
クレジットカード
でお支払いただけます。

ご遠方の場合

その1
お問い合わせ

フリーダイヤル無料通話
0120-956-115
AM10~PM6

その1
品物発送

運送保険付の
安心宅配キットや
宅配便や簡易書留
など追跡できる
サービスで送ってください。

その1
お見積

拝見してすぐに
加工料をお伝え
いたします。

その1
加工

1点1点
熟練職人が
手作業で加工
いたします。

その1
代引発送

代金引換にて
発送します。
代金は運送業者に
お支払ください。