アイコン

BVLGARI(ブルガリ)ジュエリー修理・サイズ直し

BVLGARI(ブルガリ)ジュエリーの修理・サイズ直し

修理・リフォームの注文方法

注文方法
24580_before
No24580_before修理前
25026_after
No24580_after修理後

ブルガリのK18リングをサイズ直ししました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

イタリアの代表的ブランドBVLGARI(ブルガリ)の伝説は続く

1884年創業以来130年を超える歴史を持つ、イタリアの宝飾品ブランド「ブルガリ」。アメリカでティファニーが、 フランスでカルティエが国を代表するブランドとして世界中にジュエリーを展開していったように、 ブルガリもまたイタリアを代表するブランドとして数多くのジュエリーを世に生み出してきました。

芸術的で洗練されたデザインと、徹底した品質管理により、130年以上の歴史を持っていてもなお人々を魅了し続けるブルガリ。 いったいどのような歴史を辿り、どのようなアイテムを生み出せば、ここまで多くの人を魅了することができるのでしょうか。 今回は、そんなブルガリの人気の秘密を紐解いていきます。

■ブルガリの歴史

1884年、ギリシャ系イタリア人ソティリオ・ブルガリがローマのヴィア・システィーナに店を出したことで、ブルガリの歴史は始まりました。ギリシャのエピルスで、代々銀細工師を輩出する家系に生まれたソティリオにとって、ブランド設立は必然だったかもしれません。生まれ故郷のエピルスに伝わる伝統的なギリシャ建築をベースとしつつ、当時の最先端の技術をうまく取り入れたブルガリのスタイルは、革新的なものとして人気が拡大。イタリアンジュエリーの礎を築くブランドへと成長を遂げていきます。

20世紀に入ると、ブルガリはソティリオの息子コンスタンティノとジョルジョによって、イタリア人のみではなく、アメリカやイギリスなど英語圏の旅行者を意識した経営へと変化していきます。また、当時デザインのトレンドはフランス様式が最先端となっていたため、ブルガリもトレンドに追随するように、フランス様式を意識したジュエリーを発表するようになりました。

しかし、突然ブルガリはこのトレンドの流れに待ったをかけます。それまで進めていたフランス様式から、従来のギリシャ建築をベースとした古代ローマ様式に立ち返り、多くのアイテムを発表。これが奏功し、ブルガリは流行りから一線を画すブランドとしてさらなる人気を獲得することになります。

ブルガリがその名声をイタリアだけに留まらず世界中に広めたのが、1950年代から60年代にかけてです。ブルガリにとって「ドルチェ・ヴィータ(甘い生活)」ともいうべきこの時代、オードリー・ヘップバーンやエリザベス・テイラーといった著名人がブルガリのファンであることを公言し、その知名度は拡大していきました。

1970年代に世界へ打って出たブルガリは、1980年にスイスに「ブルガリタイム」を設立したことで時計事業にも参入。高い技術力を押し出した作品を次々と発表していき、時計は今日に至るまでジュエリーと双璧をなすブルガリの大きな武器となっています。

2000年代になるとホテル事業へ進出するなど、ますますブランドの拡大を進めていくブルガリは、2011年に世界最大のブランドであるLVMHの傘下となることを発表。大きな後ろ盾を得ることで、さらなる成長をするのは間違いありません。

■他ブランドとは一線を画す色使い

ブルガリの特徴として真っ先に挙げられるのはその特徴的な色使いでしょう。 「色石といえばブルガリ」といわれるほどの地位を築いてきたブルガリは、ルビーやサファイアなどさまざまな宝石を用いた大胆でスタイリッシュなデザインが非常に魅力的です。

また、ブルガリはデザインコンセプトとしてよく蛇が用いられています。これは蛇が古代ギリシャや古代ローマにおいて「永遠」の意味を持つ生物であることが用いる理由なのだとか。ギリシャ系イタリア人を創始者とするブルガリが、自分たちのルーツを失っていないことを表す象徴といえます。

■革新的でありながらクラシカルな雰囲気も漂わせるブルガリのジュエリー

革新的な素材使いでありながら、クラシカルな雰囲気も漂わせるのが特徴なブルガリのジュエリー。 非常に洗練されたデザインは、多くの女性を魅了してやみません。

ブルガリ リング

存在感のある厚みと、洗練されたデザインが魅力的なリングは、らせん状にリングが積み重なるようになっているのが特徴です。

ブルガリ ネックレス

ブルガリとセーブ・ザ・チルドレンの長きにわたるパートナーシップを記念したネックレスです。 サークル型のペンダントトップの裏面やエンドパーツには「セーブ・ザ・チルドレン」の刻印が施されています。 段階調節可能なアジャスターチェーン付きで、コーデに合わせてつけ方を変えることができます。

出典:aboxより

ブランドジュエリーの修理についてのお話です。

ブランドジュエリーと言いますと
カルティエ、ティファニー、グッチ、ダミアーニ、ブルガリ、シャネル、エルメスなどが有名どころです。

ブランドジュエリーは高価ですけれど、それぞれの良さがあります。
石がきれい、作り方にこだわっている、素材にこだわっている(純度が高い)
稜線がシャープ(角がとんがっている)デザインが変わっている、動きがある、などそれぞれの独自性のあるものばかりです。
この個性的で独自性があるのでセレブ達にも人気があり、多くの女性から支持されているのでしょうね。

しかし、この独自性がゆえに修理がしにくかったりもします。
ジュエリーは修理、調整できなくてはいけません。体調によって指のサイズも変わりますし使えば痛みます。
それなのにブランドジュエリーは、販売店でも「修理できない」と言われる場合もあるようです。
気に入ったジュエリーが着けられないのは本当に悲しいことですし、結婚指輪だったら本当に困りますよね。

どうして修理できないと言ってしまうのかと言いますと、(技術的に無理なものは除く)
どんな加工方法で修理をしてどこに何ミリ地金を足して修理するのでどこがどのように変わってしまうのかを「説明できない。」
そして、修理したとして「説明なしに」修理してしまってデザインの間隔が広がってしまったなど
事前に説明しておけば納得していただける修理でもクレームとなりそれだったら修理を受けないようにしようということになってるのかな?とおもいます。

スウィングリング レーザー溶接機

ジュエリーの修理

お客様からお預かりした指輪・ペンダント・ネックレス等は、大切なお相手から贈られた記念や、親・祖母から代々受け継いだ、大切なジュエリーとして受け止めております。
宝石というものは永遠の価値のあるものです。買われたときの価値もさることながら、その宝石と過ごした時間が長ければ長いほど価値が増していくようです。
「修理・加工・手入れ・リフォームさせていただくことは、当たり前のことである」と教えられました。
他のお店で買われた物でも外国で買われた物でも、一生懸命努力します。出来なかったらごめんなさい。
じゅえりーいはらでは、他店でお買い求めのジュエリーの修理でも、洗浄を基本としたあらゆる検査を行います。
徹底した洗浄が修理のリスクを低減させるのです。
多少加工を施せば良い状態になる箇所を発見した場合、サービスで加工を施します。

ジュエリー修理の流れ

①ご相談

まずお客様のお悩みをお聞かせください。お悩みの解決方法、お見積もりをご提案します。

②ご発注

お見積もり内容をご確認いただき、問題なければ正式なご発注となります。 お預り証を発行いたしますので、控えとしてお持ちください。 お支払いは、ご発注時でも納品時でも、いずれでも結構です。

③加工

お預かりしたジュエリーを、熟練職人が修理加工します。通常の納期の目安は、1週間~2週間となります。

④引渡し・お支払い

修理加工が出来上がりましたら、当店よりご連絡いたします。 ご都合のよろしい日にお預り証をお持ちいただき、ご来店ください。 現金・カードクレジットでお支払いいただけます。 (遠方の方は宅急便の代金引換も対応できます)

⑤アフターフォロー

小傷が入ってしまったなどの場合、磨きをかけます。サイズが合わなくなったなどの場合もご相談ください。


修理・リフォームの注文方法

ご来店の場合

その1
ご来店

じゅえりーいはらに
ジュエリーを
お持ちください。
木曜日定休日

その1
お見積

拝見してすぐに
加工料をお伝え
いたします。

その1
加工

1点1点
熟練職人が
手作業で加工
いたします。

その1
出来上り

現金・各種
クレジットカード
でお支払いただけます。

ご遠方の場合

その1
お問い合わせ

フリーダイヤル無料通話
0120-956-115
AM10時~PM6時

その1
品物発送

運送保険付の
安心宅配キットや
宅配便や簡易書留
など追跡できる
サービスで送ってください。

その1
お見積

拝見してすぐに
加工料をお伝え
いたします。

その1
加工

1点1点
熟練職人が
手作業で加工
いたします。

その1
代引発送

代金引換にて
発送します。
代金は運送業者に
お支払ください。

No30250

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ブルガリのK18WGネックレスの切れ修理

切れたネックレス修理

No29978

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ブルガリのK18WGダイヤリングを13号から15.5号へ2.5号サイズアップ

指輪サイズ直し

No29898

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
修理前
修理前

K18WGブルガリリングサイズ直しをさせていただきました。全周に模様の入ったかっこいいブルガリリングを、1号サイズアップさせていただきました。
このようなブランド物の高価な指輪を加工させていただくのは、正直怖い部分もあります。出来ないと諦めてしまうとそこで思考停止しまします。そうじゃなくて、「できるとすればこのような方法があります。しかし、このようなデメリットがあります」と常に一歩前に踏み出す提案を心がけています。諦めてはそこでおしまい。
先週の丹後ウルトラ100キロマラソンも、猛暑、熱中症で、2度も諦めそうになりましたが、なんとか心つなぎ、かろうじて完走することができました。できることも、できないことも、実は「紙一重」かもしれません。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

指輪サイズ直し

No29897

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
新品仕上げ・クリーニング ロジウム加工・ロジウム仕上げ

No29815

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K18スチールペンダント修理をさせていただきました。ブルガリのおうし座をモチーフにしたペンダントです。
もともとは、バチカンが回る構造だったのでしょうね。18金のバチカンをスチールの縁に回るように取り付けてから、金のおうし座のプレートをはめ込みスチールのかぶせで固定する、ように作られています。
回るような構造というのは、やはり壊れやすい部分でもあります。ですが、そういう繊細な個性的な加工を好むのが、イタリアのブランドですね。
分解できれば修理しやすいのですが、スチールで組み立てられている部分は手が出しにくいです。金のバチカンの接続部分に金を盛り上げて補強し、接続部分をふやしてから、スチールと金を接合して修理完了しました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ネックレスが通るようにバチカン取り付け・修理

No29776

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
ピンクゴールドジュエリーの修理 ダイヤ石留め修理

No29695

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K18PGブルガリダイヤリング石外れ石留め修理をさせていただきました。
せっかくのブルガリのかっこいいジュエリーも、石が外れてしまっては使えないですね。石が外れたままで使うと、ますます指輪は壊れてしまいます。
ダイヤモンド合わせと石留め修理をさせていただきました。が、修理して2~3日で他のところが1箇所外れてしまいました。今回だけ、無料修理で対応させていただきました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

ダイヤ石留め修理

No29209

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れたブルガリのK18プチネックレスの修理

切れたネックレス修理

No28468

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ブルガリのPt950マリッジリングの変形直し

指輪の変形直し

No27879

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

18金ブルガリネックレスの留め金具交換修理をさせていただきました。バネが壊れたので、交換修理をさせていただきました。
交換だけで修理完了かなと思いましたが、そんなに甘くはありません(笑)。ブルガリのマークの入った受け金具が、留め金具の親指にちょうど当たって、着け外ししにくいのです。留め金具の親指の先を調整して修理完了しました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

留め金具修理

No26822

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ブルガリのPt950リングの新品仕上げ・クリーニング

新品仕上げ・クリーニング

No25983

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

切れてしまったブルガリのシルバープチネックレスの、ロー付け修理

シルバージュエリーの修理

No25549

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
リフォーム前
アイコン_矢印
修理後
修理後

18金ブルガリリングをサイズ直しさせていただきました。変わった指輪だなと思って刻印を見ると、ブルガリの指輪でした。ブランドの指輪全部知ってるわけじゃないので…。
ブランドジュエリーはそのブランドの特徴を出すために、特殊な製法や材料を使い、独自性を出します。この指輪の場合は、側面から見て8角形に作られていることでしょうか。
この指輪の場合、サイズを直すということはどこかで足すということ。指輪のフォルムが崩れるという理由で、サイズを直してくれない場合が多いです。
大切なブルガリの刻印の真裏で、「ここで足しますよ」と印を入れまして、サイズ直しさせていただきました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

No24580

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

抜けなくなってしまって切ったK18ブルガリフルエタニティリングを修理させていただきました。ブルガリはユニークで凝ったデザインで、複雑な細工が特徴なブランドです。なので、修理するのもなかなか大変でございます。
「できない」と言うと楽でいいんですけど、生活のためそうも言っていられません。「やってみる」と言ったからには、最後までやらないといけないのがこの仕事の怖いところ。途中で「やはりできませんでした」とは、お客さまも嫁も子供も許してくれません。
今回、運よくなんとか修理することはできましたが、同じ指輪でも状況によってはできません。最初から無理な仕事と判断したら、時間はかけられませんので~。御理解のほどお願いいたします。できる範囲であなたのジュエリーのお悩みを解決します。

エタニティリングサイズ直し

No24546

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ブレスレットのレーザー溶接修理

レーザー溶接修理

No23782

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

K18PGブルガリファインセラミックリングを修理させていただきました。セラミックは熱にも衝撃にも強く人体にも無害、そして見た目美しい夢の素材です。セラミックに接合されていたPGのリングパーツが外れてしまったそうです。
お客様自身で接着されたのですが、向きを間違われていたので持ち込まれました。接着するのは簡単なのですが、接着を「きれいに」外すのってとっても大変なのです。初対面のお客さまならしてないかもです。見積もりといいましても、やってみないとどれくらい時間がかかるかわからないことも多いです。
この修理、簡単そうですけど、すっごく時間かかりました。「外すのに」時間がかかっても当初の見積もりより多くいただくわけにもいかず、かといって中途半端で終わるわけにもいかず。
修理って意外に大変なのですよ。それでも、あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

No23777 23778

修理前
23778 修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
修理前
23777 修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ブルガリのピンクゴールドの結婚指輪をサイズ直ししました。

ピンクゴールドジュエリーの修理

No23020

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

18金ペリドットのブルガリリングさまを修理させていただきました。セレブ御用達ブランド、かっこいいとんがったデザインが多いのが人気です。
デザインが最先端ということは加工法も最先端です。最先端ということは、まだ出きっていない問題点もあるということと思います。それで、一流ブランド(価格が高い)だから完璧な加工法という誤解があります。
今回の18金ペリドットリングには、接着剤で石を取り付けてありました。接着剤は数年で劣化し、取れてしまいます。ご注意くださいませ。
でも、デザインは素晴らしいです。普通に接着するとペリドットを通して接着剤が見えてしまうのですが、接着剤で石留めするという前提でデザインされたこの指輪、接着剤の配置が巧妙でございました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

No22877

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

ちぎれたブルガリK18リングの修理

No22822

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
リフォーム前
アイコン_矢印
修理後
修理後

18金ピンクゴールドのブルガリブランドジュエリーの、サイズ直しサイズアップをさせていただきました。
普通サイズ直しは指輪を切って足してくっつけてサイズを直しますが、この指輪、中がジャバラのように動きますので切ると壊れます。どこまでやったら、壊れるか。壊れても元に戻せるか。その微妙なところを薄氷を渡るようにそろりそろりと加工します。
ここまでだったらギリ行けるかな?お客さまのご希望までにはいたりませんでしたが、壊れないように出来る限り加工させていただきました。
あなたのジュエリーのお悩みを解決します。

No21295

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後
修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

18金ピンクゴールドブルガリマリッジリングをサイズ直しさせていただきました。
18金の指輪なのですが、製法と配合比でブルガリの指輪はやたらと硬いのです。着けていても傷つきにくいのはいいのですが、サイズ直しのときに広げる時、割れそうでで怖いほどなのです。
どこのお店も嫌がるサイズ直しでしょう。何とか2.5号サイズアップさせていただきました。赤い印のところで足してサイズ直ししております。

ピンクゴールドジュエリーの修理

No20225

修理前
修理前
アイコン_矢印
修理後
修理後

Pt950ブルガリマリッジリングのサイズ直しをさせていただきました。抜けなくなってしまって消防署で切ってもらったそうです。
一般的な貴金属は柔らかいもの。一ヶ所切ったら、だいたい広げたら抜けるものです。ところが海外のブランドジュエリーには固く曲がりにくいものがあります。この指輪もそうだったのでしょう。2ヵ所で切られていました。
内面のブランド刻印にはかかることなく、なんとか何事もなかったかのように修理させていただきました。

抜けなくなって切った指輪の修理 結婚指輪サイズ直し

No14262

リフォーム前
リフォーム前
アイコン_矢印
リフォーム後
リフォーム後

ブルガリのイヤリングをピアスにリフォームしました。

イヤリングをピアスへリフォーム

修理・リフォームの注文方法

注文方法