技稜会

仕事の内容

 「貴金属装身具制作」は金・銀・プラチナを主な素材にした合金を使い、ピアスイアリング、ネックレス、ペンダント、ブローチ、ブレスレット、リング、時にはティアラーにまた、タイタック、カフス、バックルに加工し、ダイヤなどの宝石も組み合わせます。デザイン画の作成、宝石の配置、加工石留め、彫刻等、個々の専門分野に分かれて仕事をする場合と、デザイン企画から制作まで1人で作業する場合がありす。

一人前になるまで

 エジプト時代から天然宝石を中心に配置するリング作りに基本は、現代も生き続けています。地金や宝石の特性を知り、鍛造、鋳造、彫金等の工法を習得し、装身具をデザインし、機械工具を駆使して、立体的に製作できるようになるまでには、少なくとも5年は必要です。ストレートに宝飾会社へ就職するもよし、専門学校や彫金学校で学ぶもよし、根気強い人が将来プロ向きと言えます。

じゅえりーいはらトップページ

ホームへ

お問い合わせ

お問い合わせ

Eメール

Eメール

じゅえりーいはらトップページ>>リフォーム職人仲間>>技稜会>>